証券会社を選ぶポイント

証券会社を選ぶポイントというのはいくつかありますが、株式投資を行うのであればやはり手数料を重視して選ぶと良いでしょう。
特に少額の取引をするのであれば手数料の影響というのは大きくなりますから、少しでもコストを抑えるために手数料の安さで選ぶことは重要なポイントとなります。

特に最近では手数料の安いネット証券が数多く登場してきていますから、取引のスタイルに合わせてできるだけ手数料を安くおさえることが出来るところを選ぶと投資をしやすくなります。
次に使いやすさを重視して選ぶのも重要なポイントであり、手数料自体はネット証券に関していうのであればどこでも大きな差がないとも言えますから、使いやすさで選ぶというのもひとつの方法になります。

取引をするのに便利なツールが揃っているところであったり、市場の分析をするのに役立つツールが充実しているといったことであったり、サポート体制がしっかりしているとなると安心して利用をすることができます。
利用者が多いというのも選ぶひとつのポイントであり、利用者が多いということはそれだけサービスが充実しているという証でもありますから、単純に利用者が多いというだけで選んでみるというのも悪いものではありません。

そして、メインで利用をする証券会社の他にサブで利用をする口座もいくつか作っておくと、メインに何かトラブルがあった時にも対応をすることができますし、口座を使い分けることによってコストを抑えた取引をすることなどもできますから、証券会社の口座は目的なわせて一つだけでなくいくつかの口座を開設すればどこの証券会社にすれば良いのかと迷うことも少なくなるので複数の証券会社で口座を開設してみるというのも良いでしょう。

証券会社の情報ツールを上手く使う

証券会社が提供している情報ツールは、株式投資で成果をあげるための必須アイテムです。
なにしろ更新が早いです。
証券会社の情報ツールには、アクセスすれば誰でも見ることができるホームページ上の一般的な案内・スケジュールなどと、口座開設者のみに提供される専門のツールに大別されます。
特に後者の専門トレーディングツールには原則有料ではありますが、投資には欠かせない情報源が満載されています。
銘柄ごとに新着ニュースが入ればリアルタイムで表示されますし、国内・海外のニュースも一覧で確認することができます。
市場ごとの出来高・値上がり・値下がりなど各種ランキングで当日の相場の方向性を掴むこともできます。
個別銘柄の業績や各種データについては「会社四季報」の内容がそのまま掲載されているコーナーがあるので、こちらで確認することが可能と、まさに至れり尽せり。このトレーディングツールは各証券会社とも自社の売り物として随時バージョンアップしており、どこの社のものを使っても間違いなく便利だといえます。
一応有料とはなっていますが、月に1回でも取引があれば無料とか、自社株を自社口座に預託している場合は無料など、各社とも事実上無償サービスに近い形になっているのが現状です。
また、最近人気を集めてアクセスが急増している株主優待については、株主優待検索機能がホームページ上にあり、こちらは口座開設者がログインすれば無料で利用することができます。
予算別とか権利確定月別、優待ジャンル別など多彩な検索方法があり、優待株に投資する上では欠かせないツールになっています。
マネー雑誌で将来有望な銘柄をじっくり探す一方、証券会社の情報ツールで最新の情報を得るなど、上手く使い分けることでさらなる投資効果の向上が期待できます。

取引ツールの使いやすさで証券会社を選ぶ

証券投資を行なううえで、取引ツールの使いやすさを基準に証券会社を選ぶことは極めて重要です。
大手証券会社の店頭で相談しながら投資するなら別ですが、売買手数料を少しでも安く抑えようとネット証券を選ぶ投資家が増えている今の時代はツール上での取引が中心になります。
しかも高速売買が主流のネット取引では一瞬の売買タイミングの勝負になってくるのですから、なおさらツールの使いやすさが重要となります。
ツールは単に現在の株価を見るだけでなく、過去のチャートを確認したり、業績をチェックしたり、市場のニュースを読んだりと、多彩な利用方法があります。
それらを自分流にアレンジして、もっとも合った形で使いこなせるようになると、投資成果が格段に向上します。
また、個別株の取引画面だけでなく、保有している全銘柄の一覧や、損益表示画面もあるので、自分の投資成果を確認するポートフォリオ的な意味でもツールへの日々のアクセスは欠かせません。
このツール、証券各社とも力を入れて随時バージョンアップしていますので、ホームページに設置されている「デモ取引画面」で試しながら比較検討すると良いでしょう。
一応有料となっていますが、月に一度でも取引があれば無料になる場合が多いです。
また、口座の残高によって無料になったり、株主優待やポイント制度の選択肢として無料になるなど、各社それぞれ対応が違う場合もあるので、確認が必要です。
ただし、単元未満株や株式ミニ投資をツール上で発注することはできませんので、その場合は各社のホームページにログインし、取引することになります。
取引ツールの活用で、ますます投資成果があがり、市場が発展することが期待されます。
■おすすめの投資顧問をご覧ください
勝てる投資顧問会社
■本物の仕手株を知らなきゃ損!
仕手株